■ 
■ 

イベント情報

アダージョ英語DEキャンプ!!2006
〜平成18年度高槻市協働活性化モデル事業〜

応援いただきありがとうございました!


 拝啓 初秋の候、ますますご繁盛のほどお喜び申し上げます。 平素はNPO法人アダージョに格別のご高配を賜わり、厚くお礼申しあげます。
 去る9月9日、10日、高槻市立摂津協青少年キャンプ場に於きまして、当法人主催・財団法人高槻市都市交流協会共催の「アダージョ英語DEキャンプ!!2006」が、安全かつ盛況のうちに無事終了しましたことをここにご報告申し上げます。
 本事業開催に際し、ご協力くださいました近畿コカ・コーラボトリング株式会社をはじめ、数多くの企業、団体、個人の皆々様に、厚く御礼を申し上げます。
 平成18年度高槻市協働活性化モデル事業として、高槻市と高槻市教育委員会、社団法人高槻青年会議所、社会福祉法人高槻市社会福祉協議会、NPO法人安心安全まちづくりネットワークの後援をいただき、20名のボランティアスタッフの、日々絶え間ない努力とチームワークにより、当日は小学生30名、不登校の中学生4名、国際交流員6名の参加があり、大盛況のうちに幕を下ろすことができました。このことは私ども主催者として誠に喜ばしいことと存ずる次第でございます。
 また読売新聞(7月28日朝刊掲載)や、高槻ケーブルネットワーク(9月11日放映)で紹介されるなど、TVメディアにも取り上げられるようになりました。当法人としても本事業の位置づけが、小学生の英語に対する関心の高さを感じるとともに、来年度以降も継続して開催していくことの責任を改めて感じる次第でございます。
 今回ご参加下さいました子どもたちが、姉妹都市豪州・トゥーンバ市の国際交流員の方々と遊びを通じて楽しく「英語」にふれあうきっかけの場となり、また、不登校の中学生が、普段の生活から離れ「英語」という異文化を体験し、下級生の子どもたちとかかわりを持ち、コミュニケーションを深められ、再登校のきっかけが作れたものと存じます。
当法人では、このキャンプが、青少年の健全育成を図っていく上で、意義ある事業と位置づけております事は勿論のこと、不登校生が下級生や多世代の人とかかわりを持つことが意義あるものとして、引き続き不登校生の再登校に向けた、あらゆる施策を積極的に講じて参る所存でございます。
 最後に、本事業の開催にあたりその運営にご尽力いただきました関係者の皆様、ならびに団体・企業の皆々様方に改めて感謝申し上げます。お伺いの上お礼申し上げることが本意ではございますが、なお催しの後始末に奔走いたしております。取り急ぎ書面をもってする失礼をお詫びして、ご協賛お礼のご挨拶といたします。

敬具




[トップに戻る]


copyright 2004.Adagio All Rights Reserved.
SEO [PR] 住宅ローン フラワーギフト 必勝祈願 冷え対策 動画 無料レンタルサーバーSEO